やったよー。
やったよー。
王将のチケット当たったよー!!!
(餃子の話ではない)


新ロイヤル大衆舎「王将」

このメンツでこの芝居やるって聞いてワクワクして、
劇場は下北のキャパ80って知って愕然として
激戦の劇団先行チケット戦線に挑んで、落ちて、
e+の先行で、まずは1枚チケットが取れました。

やったーよーー!!!!
東京に芝居遠征久しぶり。そして激烈楽しみ。

せっかく観に行くからにはなんとか3部作全部みたいけど
贅沢かなー。と思いつつ、ぴあの先行にも果敢に挑んでます。
スポンサーサイト
2017-02-20 Mon 14:11:54 | 演劇・映画 | Top↑
長いよぉぉぉ。とにかく長い。
13時から始まって劇場をでればもう17時近かった。
公演時間3時間25分てーーーーーーーー!!!!!(休憩こみ)

キャスト豪華だし、話も面白かったんだけど
もうちょっとコンパクトにして欲しかった。(正直な気持ち)

せっかくのクドカン脚本なのに、繰り返しのような場面が多くて
途中で少し飽きました。すごい新感線に寄せた脚本だなって思ったけど
6月の記者会見の文章読んだから、いのうえさんからの設定オーダーありきだったようなので
そこは納得。

今回はジャニーズ枠でなく、キョードー大阪の先行でチケットを取ったら
6列目という良席で堪能させてもらった。
とーまや神山くん目当てでもなく、新感線ファンとして
舞台を観に行ったけど、やはり美しい男子を眺めるのは楽しかった(はーと)
すんごいメイクだったけど・・・それでも美男子。

神山くんは、とーまのバーター以外のなにものでもないく、別の人が演じてもよくね?
…という役どころだったけど、なかなか度胸がありそうなので今後に期待。
彼が出ると若干『学芸会感』がでるのが残念だったけど、そういう役どころのようでもあった。

とーまはジャニーズとしては歌い踊るところを見ることはほとんどないので
舞台で歌って踊る長髪白髪の彼は格好良かったです。美しかった。

でもねー今回も中村倫也くんが素敵だった。一番の目当ては中村くんだったのだ。ほほほほほ。
去年みたライチ光クラブのゼラ役が鳥肌ものだったけど、もっといろんな舞台を観たいと思った。
流れ姉妹で今度はレイパーやってほしい!
(心の叫び:ちなみに流れ姉妹シリーズは終わりました)

声しぐさ、動き。素敵だったなー♪
中村くんを舞台で初めて観たのは2008年9月の悪夢のエレベーターなのだけど
ブログ遡って当時の感想みても『仁ちゃん!仁ちゃん!』で中村くんのこと
一言も書いてなかった(笑)興味なかったんだね。

舞台は大型のスクリーンを使ったセットで絢爛豪華。
前の方だったので照明が激しく点滅すると目がシパシパしたけどそれも演出だものね。

内容は、エイリアンとバンパイアと永遠の命とかぐや姫への愛と
やくざの跡目争いとホストにはまる女と鉄道オタクと…って
とにかくいろんなキャラがてんこ盛りで、現代と1000年前の世界が交差して、
お腹いっぱいの内容でした。

ラストシーンはなんだかいつかどこかでみたような・・・・。

楽しかったけど内容がてんこもりすぎてお腹いっぱいで消化不良。
そんな舞台でございました。

新感線らしいっちゃーらしいんだけどね。
2016-10-27 Thu 14:38:13 | 演劇・映画 | Top↑
・才原警部の終わらない明日
今年の初観劇にふさわしかった、大笑いしたし、さすがは福田作品!いたるところにコネタが散らばってて
大満足の舞台でした。

・ツインズ
これはもう長塚ワールド全開の気持ちの悪い後味の悪い作品だった。なんの説明もないけどどうやら
核兵器等で世界が汚染された後の話、汚染された土地のものを食べる人と食べない人。
異形に進化することへの嫌悪。ぞわぞわする舞台でした。
観終わってあれこれと理解しようと自分で答えを見つける感じの舞台。

・うるう
お久しぶりの賢太郎さん。うるうの温かく切ない世界感は相変わらず。
初演で好きだなーと思ったけど再演でもこれは好きだった。
妹と一緒に観たのだけど、妹は初KKPだったけどすっかりはまってた。

・関ジャニエイト
大阪おーらす。
友達に誘ってもらって行ってきた。クラリズム不在だったけど、6人が頑張ってくれて
とても楽しい時間でした。

・今夜私どもは悪口しか申しません
土田英生(MONO)
本多力(ヨーロッパ企画)
古藤望(マゴノテ)
による、トークイベント。演劇のことやいろんな俳優さんのあれこれ悪口をききました(笑)
2016-02-19 Fri 11:46:29 | 演劇・映画 | Top↑

暑中お見舞い申し上げます。

猛暑、酷暑の毎日ですね。
クーラーとビールの力にあやかって毎日夜を過ごしています。
NACSの「悪童」の感想も書こうと思っていたのにすっかり時間がたってしましました。

7月17日大阪公演観劇。

ネタバレなくざくっと感想を書くと、『とっても面白かった』です。
脚本と演出が変わるとこの人達ここまでも変わるか!って感じでした。
物語自体は正直、いつかどこかでみたことあるものつなぎ合わせ感は否めないけど
ワンシチュエーションの見事な会話劇でとっても面白かったです。
ある場面でモリが演じる役が自分の近況を淡々と語る場面があるんですが
そこがなんかとっても良くてグっときました。
特別なことを言ってるわけでなく、感情を抑えてるわけでもなく
淡々と置かれてる状況を語る場面。
誤解をおそれずいうなら、モリ、とっても上手でした。
本公演のなかった3年間、モリ以外の4人は舞台もドラマもたくさん経験して
その経験値をあげてきたので、いろいろできて「そりゃそうよ。」と思ったのですが
モリもとっても素敵に成長していたのです。
自分の脚本演出でない、って部分も大きいかもしれないけどね。

あと、開演前に洋楽が流れてるのですけど、それが顕ちゃんセレクトか?
と思うけどに『顕さんの丑三つ前』でかかった曲が多かったように思います。

私、あのラジオで顕ちゃんがボブディランのlike a rolling stoneを解説する回が
大好きで何度も聴いてたので、like a rolling stoneが流れたことにドキンとして
嬉しくなりました。オリジナルでなくて、アレンジされた楽曲だったけど。
今思うと話の内容に歌詞がリンクしてるのかな。

明日、夏休み第一弾としてお休みいただいて名古屋で観劇するので
大阪から仙台、盛岡、札幌と公演を終えた『悪童』がどう進化してるのか楽しみです。
2015-08-06 Thu 15:50:44 | 演劇・映画 | Top↑
9月12日に観劇。

いかにも松尾スズキな脚本で
いかにもいのうえひでのりな演出の舞台だった。

もっとお祭り要素の高い内容かと思ってたけどそんなこともなく
人体実験、マザコン、奇形児やSEX依存症など大人計画が扱う少し重たい話と
新感線が得意とするギャグと殺陣が入り混じる舞台。

前半戦にとっちらかったエピソードが後半でちゃんとまとまっていくので
みてて気持ちよかった。
若干のご都合主義もご愛敬。

荒川良々の役なによ!(笑)どんだけハイスペックの爆弾魔よ!
っていうね。

そして小池栄子は舞台経験積んでどんどんよくなるなーって印象。
かなりいい席だったのでナイスバディを堪能しました。
女子でもうっとりあの体。

ひさしぶりに橋本じゅんと古田新太が揃ってたんだけど
あまりからみがなかったので
新感線ファンとしては来年の五右衛門vs轟天に期待!!

それにしても久しぶりに舞台で星野源ちゃんを観たのだけど
相変わらずかわゆい口元してるし
歌声になんだかグっときちゃうなー。

平岩紙ちゃんの狂ったようなタンバリンもいいアクセントで
忘れられない。

今回も舞台でも粟根さんは、『やっぱりな』な粟根さんの役で
笑ってしまった。一度でいいですから、裏切り者でなく最後まで生き残る役を
粟根さんに(笑)

2014-09-16 Tue 15:48:12 | 演劇・映画 | Top↑