FC2ブログ
昨日、久しぶりにスマスマでゴローさんを見かけた。
料理したり、ウィル・スミスとビリヤードしたりしてた。

失礼なほどしげしげと眺めて、『やっぱりアイドルという人種は若い』と思った。

顕ちゃんと同じお誕生日なのに・・。妻子の有無だけではない違いがあった。
『なんてったってアイドル』で見た隼さん(轟さん)より断然お若いゴローさんなのであった。

CUE MUSIC JAM-BOREEには、不参加な私ですが、もし・・ライブの合間に
『安田記念館』が出店なんて事になったらどーしよー!!とか
6/30はシゲは宝塚BOYSの本番でいないから、
『チーズスナック』出たらどーしよーーー!!とか
考えたって『どうしようも無い』妄想に悩んでみたりしてます(苦笑)

何よりも『孤高のアイドル・早川淳』が出たら・・どーしよー!!

(どーしようもねぇって!!と言う事は、重々承知)
スポンサーサイト



2007-01-30 Tue 16:53:54 | CUE・NACS | Top↑
何年か前にスイスの医療チームが、右脳の一部に電極を流すと意識が
体から離れたように感じる。という研究結果を発表したと最近雑誌で読んだ。
意識が体から浮き上がる感覚になる、という事だった。
(実際には脳がそう感じさせているだけ)
『幽体離脱 右脳 電気』 でググッてみると沢山のヒットする。

刺激を受けると意識が自分から離れる・・と感じる部位が脳に存在することにも
驚いたけど、生きた人間の脳に直接電気を流す実験がされてる事にもちょっとびっくり。

その雑誌には、脳の中には他にも刺激すると 『背後に誰かがいる』と
感じる部分もあると書かれていた。
暗闇で恐怖を感じた時に 『ハっ!後ろに誰かいる!!』と感じるあの感覚らしい。
大体の場合、それで振り返ってみたところで、誰もいない。
その感覚は幽体離脱とは逆に自分の意識(気配)が体の後ろに出ているからで
『背後に誰かがいる』、誰かとは結局自分なのだ、と言うような事が書いてあった。
納得いくような、いかないような不思議な話だった。

私のいとこは、怖い話が大好きで小学校の頃は、
お盆やお正月に集まると怖い話を聞かされたものです。
怖がりだけど聞きたがりの私は布団やタオルケットにくるまりながら、暗い部屋で
その話を聞くのですが、怖い想像が脳内いっぱいに広がった時に
『後ろに誰がいるかも!!』 と気配を感じるのです。

そんな時の対策は 『背中を3回叩いてもらう』 でした。
そうすると、ゾクゾクした感じも気配も無くなったものです。あれは子供ながらに
意識をちゃんと体に同化させる方法だったのかな。

今でも夜中に『R-14』みたり、四国八十八Ⅱのあの場面を見ると
自分で背中をトントンと叩いたりしちゃいます。
2007-01-30 Tue 14:29:18 | 普通の日 | Top↑