上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
7月21日(土)
劇団☆新感線 2007年夏休みチャンピオン祭り
『犬顔家の一族の陰謀』~金田真一耕助之介の事件です。ノート

なげぇよ!タイトル!(笑)
新感線久しぶりに劇団員ばっちり揃って、尚且つ客演を迎えての
オポンチ系の演目でした。

以下、ネタバレで非常にうっとうしい事になってる。
もうねダメだわ・・好き過ぎて止まんないの(笑)
『いのうえ歌舞伎』とは別世界のただただ笑いを追求した舞台。
今回は冒頭からタイトルからも分かる様に『犬神家の一族』のパロディなのですが
それ以外にもいろんな作品をパロってる。
冒頭のミュージカルではオペラ座の怪人、CATS、コーラスライン
私は全てを観た事があったのでかなり面白かったけど知らなくても楽しめるし
本筋には何の関係もない!
でもキャッツのパロディの歌が、メモリーの次に私が好きな『ジェリクルソング』で嬉しかったな。
あ!にデスノートもちょっとパクってる。

冒頭から飛ばしていた。みんなが楽しそうで、お客さんも笑う気満々の舞台。
大筋は犬神家なんだけど、ピンポイントで八ツ墓村・悪魔の手毬歌なんかも入ってて
市川監督の横溝シリーズが好きな方なら『おぅ!(ニヤリ)』な場面が満載だったはず。
私はもうニヤニヤと笑っていたよ。

太郎子(木野花)がマスクをした助比代(礒野慎吾)を犬顔家に連れて帰ってくる場面。
親族一同が揃う中、助比代に『マスクをめくって素顔を見せておやり』という場面。
この2つはほぼ映画どおりの流れのセリフ回しだった!
所々に小ネタは入るけどグイっと食いついて観た。

何よりも、エマちゃんとさとみが大活躍でもうなんだか嬉しかったよ!
成長したものーー!(親戚のオバちゃん目線)

昔からオポンチ系にはお決まりだった『物に変装して待ち伏せ』という王道が
多様されててやっぽーい!何回やられても笑うのよね。
94年の『秋味R ハヤシもあるでよ』(いんど屋敷より前の秋味ね)では、
『そんな事もあろうかと3日前からここで○○に変装してキャンプを張っておったのじゃー』
・・ってのが随所にあったのを思い出した。

露天風呂の場面はわかってるのにわかってるのに次々にセットから人が出てきて
笑ったわ~。大阪の笑いだと思う。そしてあぁ言うのに弱いのな~私。
私が最初に観た頃の92年?の新感線といえば、「ぴあ」とかに
『被り物をして、下ネタ満載』みたいなキャッチコピーで書かれてたんだけど
その頃を思い出した。

右近とエマの半裸歌謡ショーも濃いよ!と思いながらも満喫!
右近のチクビがすんごい小さかった。(どーでもいい情報)
じゅんちゃんへのモノマネめちゃ振りとか、それを見て笑いを堪える劇団員とか
信頼関係あっての言いたい放題が舞台の上で広がってて
この感じ懐かしいー!そして楽しいーーー!!こういう新感線に逢いたかった!
って思ったら、幸せで逆に泣けてきたのでした。らぶ♪新感線。

聖子ちゃんと古ちんが夫婦役だなんてなぁ。しみじみ・・。
昔のヒーロとヒロインだけど、今やすっかり落ち着きつつも、
やっぱり長年のあうんの呼吸は見事だった。

成志はやっぱり自由な雰囲気だったし、半笑いだったし、胡散臭かったし、最高だった(笑)
村木さんと逆木さんは今や双子と言っても過言ではないのだ!

・・・・時に・・朧を観て『新感線』を好きになって今回観た人とかは
どう思ったのだろう?(笑)
新感線ほどふり幅の広い劇団はないよなぁと今更ながらに思う。
朧のノリで犬顔みたらビックリだよなぁきっと。

今回殺陣なんて無いしねぇ・・まぁ本編中に突然始まる桃太郎の中であるけど
桃太郎の中での木野花イジリはかなり笑った。あの辺りは日替わりネタなのかな?
古ちんも成志も小松さんも笑ってるんだもん。

笑ったとか楽しかったとしか書けないの。
しばらくは、この犬顔の記憶だけで生きていけると思う。

はっ!映像での出演でイケテツが出ていて、これまたニヤリでした。

後ねー(まだあんのかよ!)
オープニングのキャスト紹介がとてもとても良かった。
スクリーン半分に名前がでて、半分に演者が実際に立って、ひとボケ!みたいなね。
最後の方に『その他、劇団員達』ってひとまとめで
稽古場でみんなが集って笑ってる写真がスクリーンに映ってそこでも
ぐっと涙が出た。観客としてだけど一方的に見知った顔がそこに変わらず並んでいて
とってもいい笑顔でわらってるんだもん!

本当に『面白かった、楽しかった』以外の言葉が見つからない。
主演のクドカンの事を何一つ書かないでごめんなさい。えへー。

そいでねー(あ?ウンザリしてきたでしょ?)
エンディングの駅の場面がまた、映画とは違うのだけど似ていて気に入りました。
実際に映画で流れてる音楽と同じ音楽が流れたと思うの。
報酬を受け取って『検めさせて頂きます』というセリフも同じでね
いのうえひでのりも実はかなりな横溝ファンなのではないかと思ったのです。

新感線の舞台はオープニング前とカーテンコールで流れる曲が決まっていて
物語としてのBGMが終わって役者が一度はけて、次のカーテンコールから
その音楽がなるのだけど、その瞬間がまた好きでねぇ~。
『わぁぁぁぁぁ~』という拍手から、綺麗に一気に手拍子に切り替わるあの瞬間。
快感でゾクっとなります!

本当に大満足の舞台でしたー。お腹いっぱいだよ~♪
スポンサーサイト
2007-07-22 Sun 01:44:26 | 演劇・映画 | TrackBack:0 | Comment:8 | Top↑
ばの
私も土曜行ったよーー。あと木曜も(笑)

木曜より土曜の方がゆるゆる感が増してた(褒)
成志が凄く自由になってたよ(笑)
あとね、木野花イジリは日替わりだね。

私もね「その他、劇団員達」に胸がキュってなった。
えみちんほど長くはないけどやっぱり大好きだからね新感線。

木曜は前から2列目で観てたから、大好きなサンボ君の無駄な筋肉と股間をまじまじと見てきたよ(笑)
右近の裸体もじっくりみせてもらったよ。

私もしばらくは「犬顔」だけで生きていける。
といいながら、今週はロクサーヌだけどね。

またゆっくり話したいねーーーー。
2007-07-23 Mon 21:29 URL [ Edit ]
北の空の星
すてきなレポありがとうございます

新感線は・・・あれは何年前でしょぉ?
TVで髑髏城を見ましてね
衝撃を受けまして
以来 何作か見ましたけど
(轟天・天保・秋味など)

今回のレポで久しぶりに新感線
見たくなりました♪ 
オポンチ系ですか、いやぁわくわくしますね
DVD発売を首を長くして 待つことにします
2007-07-24 Tue 12:24 URL [ Edit ]
えみ
お祭りだからねー楽しくて楽しくて♪
成志は自由でなんぼの人なので、あんなもんでしょう(笑)
足捻挫したりするから・・わははは。
他の舞台とのギャップも面白いの。

さとみとかエマとか入団した時から知ってるからなんか本当に嬉しかったんだー。
その他劇団員達はもう今思い出してもジーンとなる。
みんなすっかり歳をとったけど、やっぱり私は新感線の舞台といのうえさんの作る舞台が
大好きなんだと改めて自覚したよ。
2007-07-24 Tue 12:35 URL [ Edit ]
えみ
レポ?というか、私が感じた事をずらずら書いただけです(笑)

ゲキシネなんかで舞台が映像化されることの多い劇団なので
機会があれば是非ご覧になって下さいね~。
2007-07-24 Tue 12:39 URL [ Edit ]
北の空の星
不用意にレポという言葉を使い
申し訳ありませんでした。
レポと感想の違いに思い及ばず・・・
ごめんなさいm(__)m
2007-07-27 Fri 17:40 URL [ Edit ]
えみ
いやいや、お気になさらず。
私の細かい、どうでもいいこだわりなので
ワガママだと思って聞き流して下さって良いので^^

なんだか逆に気を使わせてすいません。
2007-07-29 Sun 19:39 URL [ Edit ]
浅黄
えみちゃん、今日観てきたよー。
それまでえみちゃんの感想は封印していたので、
やっと読めました。そして再びにやりとしています。
初めて生で観る新感線でしたが、
すっごく面白かった!1人で大笑いしてきましたよ。
特に露天風呂のところは横が通路だったので
2階席の手すりにすがりつきそうな勢いで崩れるくらい笑ってしまったよ。
あー、楽しかった。
えみちゃんがいなかったら、生の新感線は観に行っていなかったかもしれないので、とても感謝しています。
ありがとう!
長くてごめんね。
2007-07-29 Sun 22:24 URL [ Edit ]
えみ
楽しいよねー新感線!!
特に、オポンチ系は大好き!・・というか昔は
こういう系統だったのよねー。
そしてもっと下ネタが満載だったのよ(笑)
風呂場の場面の変装は、王道中の王道なんだけど
分かってるのに可笑しくて仕方なかった!!
私は明日、もう一度行ってきます♪

お礼を行ってもらえるなんて、なんだか私まで嬉しい気分です^^
これからも新感線を愛してやってね~~。
2007-07-30 Mon 19:55 URL [ Edit ]

Secret

TrackBackURL
→ http://kemin.blog7.fc2.com/tb.php/1171-7785dbbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。