上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
7月26日(木)
昼公演・夜公演 連続観劇。

昼は良席。
夜はやや後方右より。

ネタバレ感想。

『感想』なので『レポ』と言われるのは普段は本意ではありませんが
(イベントじゃないので)
この公演に関しては連続で見比べる事も出来たのでレポ的な要素を多分に含みます。
『あら、思ってたより笑えたし面白かった』
というのが、観終わって感じた率直な感想でした。

海外作品が原作だと、『なんだか・・イマイチ』と思う舞台が多いのですが
今回は設定を日本に置き換えてるという事もあって、変な違和感なく
物語に入ることが出来ました。

ただ、後半になればなるほどセリフ回しが、くどいというか、勿体つけてるというか
耳に馴染まない言葉の連続でちょっとしんどいかな。
最後の死にそうで死なない西村雅彦の長セリフは
感動ポイントなのに、正直疲れちゃった。

■昼公演
・事前情報完全シャットアウトのおかげで楽しんだ。
・西村雅彦の立ち姿の美しさは相変わらず。うほ♪声も好きなのよ。
・2人があんなにわかりやすく恋に落ちるとは(笑)
・浦野に『お前がオガタか~確かにいい男だな~』と言われ
 お尻と前を手て隠す場面はもう吹き出して笑ってしまった。
・顕ちゃん(オガタ)は前半、アホの子に見える。だけど、やたらカッコイイ!!
・『ハイネ』を『ハイねーちゃん』と聴き間違えるとかありえない。
 『ハイねーちゃんって誰ですかぁ?』(笑)
・隣の席のご夫婦の奥様
柔道着の顕ちゃんが登場と同時に『かっこいーぃぃぃ(ため息)』と言った。
 横で、『でしょ~!』と思う私。
 まぁ、顕ちゃんがカッコイイ事に私はなんの貢献もしてないけど。
 あの黒帯姿には大満足。背負投げとか超カッコイイ!
・彼の腕立て伏せは、足を開く派だ!ハナタレでも何度もみたね。
・前半の面白場面。『その手があったか』と西村雅彦が言い
 顕ちゃんがその手を実際に調べる場面の直後の掛けあいのセリフ。
 カミカミと面白表情のせいで、西村・安田で笑いまくり。
 顕ちゃん、『キョトン』とした表情キープできず。目が笑って眉下がりまくり。
 あぁ。そこまで西村さんと仲良くなったのなーと妙にうれしくなる。
・『接吻』も~本当にしちゃえよー!と思う。
・西村雅彦と手を繋いで舞台を駈ける安田顕。
・観月ありさを抱き締める安田顕。いいねーいいねー。
・武田さん(二階堂中尉)の出てきた瞬間に客席から『イヤな奴』と思われる演技は見事。
・杉村さんは良いアクセントだった。たえ子ちゃんへの語りが良かったな。
・観月ありさの顔のちっこさに驚く。
・いままで舞台であんなに汗だくの顕ちゃんは見た事がない。
 背中までビッショリ汗で、髪は風呂上り状態。
・最後死んじゃう時の演技、映画の『プラトーン』っぽかった。

■夜公演
柔道の場面。
二階堂と戦う直前。構えのポーズをとるために2,3歩後退して
そのまま、ズルっとすべる・・・天然だった。転ばなかったので安心。

・列が下がって床に映る照明のうつくしさに気付く。
・最小限の効果音とBGM、爆撃の効果音はわかってるのにいちいち驚いた。
・夜公演の時のほうが私は、ぐっときた。
・ただ、浦野の宝がテニアン島の砂?なのがちょっとよくわからない。
・今見たら、『なんで死んでしまうの?』と思う日本軍だけど
 当時はそういう選択しかなかったと思うと切なくなった。
・静岡メロンは有名なのですか?知らなかったの。
・WSで殴られる練習をした顕ちゃん。チョウソンハに蹴られる場面は
本当に蹴られたのかと思うぐらいバッチリのタイミングだった。
・ジョニ黒、一気飲みは安田ファンへのサービスとしか思えない。
 昼夜共に飲み終わると同時に拍手。

■カーテンコール
昼夜ともに挨拶(トーク)は一切無し。

昼の部
笑わない西村雅彦が可笑しくてしょうがない。観月ありさに
微笑みかけられ、ようやくニっと笑う。
顕ちゃんはうっすら笑って深くお辞儀。
観月ありさはシゲがよくやるような、胸の前当たりで手をあわせて
ありがとうのお辞儀をしていた。

夜の部
相変わらずニコリともしない西村雅彦に友達と
『何か不満が??(笑)』とささやきあう。
キャストは皆深くお辞儀、鳴り止まない拍手。何度も続くカーテンコール。
あまりに何度も呼ぶので、顕ちゃんも照れて苦笑い。
ペコペコと頭を下げる。
西村雅彦ようやく、ニヤリ程度の笑顔(笑)
最後は拍手が手拍子になってキャストが舞台に。

笑顔もちらほらこぼれる。
顕ちゃん去り際に、顔は真正面、体も真正面のまま手だけを客席にむけて
腰の辺りで高速でブンブンと手を振って早足で退場。
スポンサーサイト
2007-07-27 Fri 16:58:02 | 演劇・映画 | TrackBack:0 | Comment:6 | Top↑
かがーりん
なんだか今回の舞台で顕さんに惚れ直したかたが急増してるみたいですねぇ
観にいけばよかった!
2007-07-27 Fri 23:53 URL [ Edit ]
ココ
夜公演見ました!
えみさんは国王の元に必ずやいらっしゃるであろう、としばしキョロキョロしたりもしていたのですが見つけられず。昼公演を観劇されたのかなぁ~と思っておりました(^-^)

私も今回かなり顕さんにやられました。フォーリンラヴです(笑)
今日は何につけ「安田国歌」をリピートしていました。

お芝居、私も想像していたよりとても楽しく、ホロリとさせられて、本当に見れてよかったです。
私も観月ありさの顔の小ささに驚いた一人です。
2007-07-28 Sat 01:58 URL [ Edit ]
イリス03
東京で観ました。泣くだけ泣きました。
東京でのカーテンコールは淡々とした感じだったので、大阪とは雰囲気が違っていたんだなぁと思いました。

安田さんのハンサムぶりにメロメロです。一度しか観られなかったのが悔やまれます(涙)

西村さんは本当に姿の美しいかたですね。久しぶりに舞台を見て、改めてそう思いました。

劇場で聴く安田さんの声はとても気持ちよかったです。
2007-07-28 Sat 08:31 URL [ Edit ]
えみ
なんかねー!思ってた以上に
大笑いできたの!!顕ちゃんもステキングでした。
シアテレとかで放送があれば是非ともチェックを!!
2007-07-29 Sun 19:37 URL [ Edit ]
えみ
やっぱりーーー!!!観てたのねー!
実はね、夕方にちょっと職場にお邪魔したのよ。
いるかなーって思って、で、いなかったので
『もしかして、観るのかな?』って思ったんだけど
いやーメールすればよかったねぇ。
小魚も逢いたがってたよー!残念だ~!
2007-07-29 Sun 19:43 URL [ Edit ]
えみ
東京公演、堪能されたのですね。
私は・・・相変わらず泣けない女なのでしたけど
いろいろ心では思う部分がありました。

顕ちゃん、良い声でしたよね。
相変わらず早口でベラベラベラっと話してましたね。

獏の時とか、五作のようなゆっくりテンポで
彼が舞台で話すのも好きなんですよ^^
また、いろんな舞台で色んな顕ちゃんを観たいですね。
2007-07-29 Sun 19:47 URL [ Edit ]

Secret

TrackBackURL
→ http://kemin.blog7.fc2.com/tb.php/1178-c584222c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。