上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
味噌SOUP
10月4日(木)

黒田有(メッセンジャー)
平田敦子
篠塚茜(シベリア少女鉄道)
石井正則(アリtoキリギリス)←解散してなかったんだって!驚!!

4人芝居。公演時間は1時間40分
千秋楽と言う事で、長めのエンドトークがついて2時間。

全公演終了してます。

以下感想

どこか小さな国の日本大使館。
今日は大使館はお休み。大使は日本に帰国中。
大使館には二日酔いの料理人(黒田)・エリート二等書記官(石井)しかいない。
そこへ現地の女(アッチ)がいつものように食料を運んでくる。
そして、人を探してるという日本人(篠塚茜)がやってくる。

大使館の周りが突如不穏な空気に包まれる。
日本の外務大臣がこの国の王が『ポットに似てる』と発言したのだ。
それを聞いた国民達は暴徒となって大使館を取り囲む。緊迫する大使館の中で
段々明らかになる4人の関係。そして4人はピンチを逃れられるのか!!
・・・・という物語。

内容はブっちゃけ、そーなるだろうと予想した通りで
特に意外性はありませんでしたが、笑いの要素は満載で楽しい舞台でした。
舞台セットのメインの大扉はPiperの『ニコラスマクファーソン』の使い回しだったよ!(笑)

今回は、アッチ(平田敦子)の演劇人魂を見た!
舞台序盤は、黒田・石井の二人の会話がメインなんだけど
やっぱりなんだか、新喜劇というか、コントというか芸人さん・・・
な雰囲気だったところに、アッチがバーンと登場するなり『演劇』になった。

やるものー腕があるものー。
途中で篠塚茜に、アッチが着れるサイズのナース服を着せるという場面が
あるのだけど、アッチは現地の人なので日本語が若干不自由という設定で

アッチ 『丈ツメレバ着レルネ!!』
黒田 『問題は丈ちゃうやろ!!幅や!幅!!!』
アッチ 『ハバ??』 (首をかしげる)
黒田 『はば!や、幅!!!』
アッチ 『は・・・ば・・・?丈ツメレバ大丈夫!』
黒田 『丈わかんのに、なんで幅わかれへんねん!問題は幅やいうてるやろ!』
アッチ 『はば・・はーば?幅♪幅♪幅~~♪』
踊りだす二人
ひたすら『幅』を連呼し踊っている、我に返った黒田が
『オチがないなら、やんなよっ!!!』 と突っ込む場面が最強にオモシロ場面だった。

何度突っ込まれても『幅が理解できない人』を演じ続ける(遊び続ける)アッチと
その度にノリツッコミを続ける黒田。

圭哉とアッチの絶妙のあうんのコンビネーションには及ばないけれど
黒田とアッチはそれはそれでオモシロでした。

そして!今回楽しみだった、茜ちゃん!!!
シベリア少女鉄道の看板女優です。もともとはスタッフだったっていうから
ビックリする。高めの声でちょっと鼻声っぽい声なのだけどかわいいので許す!
シベリア以外に客演するのを今回初めて観たけど、困惑する演技が良いのよね♪

で、石井。なんだろなー。響くように通るいい声と無駄にキビキビした動きが
賢太郎さんを思い出させた(笑)顔も背丈も違うんだけど
『うわっ!こーゆー動き、こーゆー声なんか知ってるーー!!』って思って、
考えたら賢太郎さんだった。うはははは。言及は避けます。

今回は私の席は関係者席近辺だったようで、周りは吉本の人々で溢れていた。
目の前に新喜劇の末成由美・お~い!久馬(プラン9)・黒田の相方が座ってました。
末成由美以外ははっきりした自信はないけど、周りがめっちゃみてたし
『おはようございます』と挨拶してたし、たぶんそうかな。

久しぶりの観劇はなかなかたのしゅーございました。^^

そうそう、黒田の母とアッチが似てるという話題が楽屋で出ていて
石井がその二人の写真を撮ったので見てくださいと言ってたので見たよ。
コチラ
ふふふ・・・似て蝶です。
スポンサーサイト
2007-10-05 Fri 11:04:27 | 演劇・映画 | TrackBack:0 | Comment:0 | Top↑

Secret

TrackBackURL
→ http://kemin.blog7.fc2.com/tb.php/1242-27008876
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。