上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
大阪の初日を観て来ました。
今日(正確には昨日)は、お昼は観劇・夜は映画とそれなりな文化の日を
過しました。
昼の芝居にも夜の映画にも、ぼくもとさきこが出演していて、
ちょっと面白かったです(私は彼女が大好きなのだ!)

今日は初日という事で、プロデューサーと監督の舞台挨拶がありました。
プロデューサー26歳だって!!若っ!!

映画上演前だったので、内容にはさほど触れず
キャスティングした俳優についてのエピソードなどのお話がメイン。

【長田の役ができる俳優を探していた所に、テレビでたまたまハケンの品格で
演技している安田さんを見た!時間にして18秒(笑)
速攻でネットで検索し、翌日にはプロデューサーに(キャスティングしたいと)話した。

撮影中の安田さんは、あまり監督と話す事もなく、嫌われているのかと
思っていたが、後に彼が非常に人見知りだと知り、誤解が解ける。

そんな話さない安田さんが、東京での舞台挨拶では喋りまくったので
ビックリした!!さすがプロだと思った。でもとても忙しく
挨拶を済ませるとすぐに新幹線にのってどこかへ行ってしまった。】

そんな話をされてました。

ネタバレはしてませんが映画に関しては、続きに。
髪の長い顕ちゃんが今となっては逆に新鮮。

柔らかな空気に包まれた映画で、観終わって、
少し自分が浄化された気になりました。

監督が舞台挨拶で【この映画はリピーターが多くて・・】
と、仰ってた言葉に納得。顕ちゃん目当てとかそんな事でなく
素直に私ももう一度観たい!!って思ったもん!!

ラストも素敵なんだけど、電車での顕ちゃんの表情があまりに優しくて
ポロポロと泣きました。

生きていくのに時々、他人に対して無防備でもいいのかな?と思える
素敵な大人のファンタジーだと思います。
スポンサーサイト
2007-11-04 Sun 00:57:40 | 安田顕♪ | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。