上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
私には中学時代から仲良しの仲間がいる。
男女入り混じって8人ほどのグループだ。
それぞれに結婚して、子供もいて、彼らの奥様やダンナ様とも仲良くしてもらっている。

その中にTという男友達がいる。
彼は結婚して7年ぐらいだろうか?ザ・天然のTに対して、
とてもしっかり者で気さくでかわいい奥様がいる。
T夫妻は長い間、不妊治療を頑張ってきた。

去年の9月、いつもの仲間で飲んだ時、彼は嬉しそうに言った。
『オレの所、12月』
その言葉でみんなは出産を察して、おめでとうと言って乾杯をした。

2008年1月、Tからの年賀状には夫婦連名だけで子供の名前は無く
呑気な私は、『お!ちょっと出産がおくれてるのかな?』と思っていた。

昨日、共通の友人のHから遅くに電話を貰う。
概要はこうだった。

子供は、元気に生まれた。ただ奥さんに問題がある。・・と。
妊娠中の血液検査で彼女が白血病である事が判明。
抗がん剤の治療を受けるため、出産可能な10月に早期出産。
彼女はそのまま入院し、現在も治療を受けている。
彼女の実弟の骨髄が一致してるので、骨髄移植は可能だが、彼女の白血病は
特殊なもので、術後の生存率3割。

なんで。なんでなの。そういうのはドラマの世界だけでいいのに。
待ち望んだ3人での生活が始まるはずだったのに。

Tが『嫁さんもう、舞い上がってあれこれ買い揃えてる(笑)』と言ってた姿が目に浮かぶ。

20年来の友人だけど、こんな時は、あまりに無力だ。
神様、あんまりじゃないか。

彼女がどうか、3割の中に入る人でありますように。
数年後に、あの時はびっくりしたねーと笑えますように。
スポンサーサイト
2008-01-21 Mon 23:30:15 | 普通の日 | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。