上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
家の前が小学校への通学路になっていて、私が出勤する8時過ぎには
子供たちがわらわらと歩いています。
今日、ガレージから自転車を出す時に耳に入った小学生1,2年の男子3人の会話

A あんなー、おとうさんのお腹に石ができてん。
B えぇ???石?
C 石ができたん?入ったん?
A 入ったんちゃうねんて、できてんてー。
BC なんでー?(すごく驚いている)
A なんかいらんもんを一杯飲んだり食べたりしたからやって
C やっぱり、入ったんちゃうん??
A ちゃうって!!
B 石がお腹で、できんねんなー
 
その後もなにやら話しながら去って行きました。

大人なら、『あぁ、結石ね』と理解できることも、子供にとっては不思議な現象なんだろうな。
石が出来たのではなく、入ったのでは?って発想がいかにも子供らしくて笑ってしまいました。

朝からちょっとなごんじゃった。
スポンサーサイト
2008-03-18 Tue 14:26:47 | 普通の日 | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。