上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
4月16日 シアタードラマシティ

MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人

大好きな舞台の再演ということで、とても楽しみにしていた!
初演と比べてあれこれ感想を。

ネタバレっす。
長いっす。
シゲの事はほとんど書いてないっす。
ぶっちゃけてしまうと、初演に比べて出演者に華がない感は拭えませんが(すまん。)
G2が「演出方法もセットも少し変える」と言ってたので
どんな風に仕上がってるのか楽しみでもありました。

で、実際に観劇して・・・。
やっぱりいいな~と、優しさがグワン!!と溢れてる作品で好きだなー♪
初演のDVDの特典映像で、最初の読み合わせの席で、脚本の後藤ひろひとが
『とても愛情をこめて書きました。なんとしても成功させたい。』と挨拶していた姿が脳内に浮び
本当に愛情がたっぷりの作品だな~と改めて実感。

気になったのは3点。
大貫がやたら胸を押さえる演出になっていた事。
わかりやすく観客に『体が悪いですよー!!』とアピールしてるんだけど、
それだと発作が出る出る出たーー!!と構えてしまうんだよ。
初演ではあまり胸の悪さをアピールする場面がなく、突然倒れるので
こちらも本気でドキリとしたもんです。

『大貫、昨日もパコのほっぺに触ったね』
このセリフのタイミングが早い!!
ほおに触って少し『?』って考えて・・・『大貫昨日も~』って言って欲しかったのよー。(願望)
頬に触れた途端に『大貫昨日も~』って言う演出になっていて、早っ!!と思った。

堀米
堀米がな~~やっぱり、春風亭昇太ではちょっと弱かった!
ただの愉快な人に見えちゃう。
大王の堀米に感じた、得体の知れない理不尽なのにオモシロ!な雰囲気に届かず。
映画では、阿部サダヲらしいので、これは期待大♪
個人的には、あの役、きたろう(シティボーイズ)でもハマルんじゃないかと思ってます。

再演で気に入った部分。
龍門寺のジュンペイのくだり。
圭哉は初演にも出ていて、もう大好物なんですけど、ヤ●ザ丸出しの芝居から急にキャラ激変で
わんわん泣きながらジュンペイを語る場面はもうだーーーーーーーーーい好きな場面です。

大貫 『身内に不幸が?』
龍門寺 『・・・猿。』
大貫 『??(驚く)』
龍門寺 『裏の山からな~たま~に遊びに来る、猿。・・・・手ぇからイチゴ食べんねんでぇ・・(泣)』

セリフだってある程度暗記してるほど大好きな場面だ。
今回は、大阪楽日って事もあってもうアドリブ満載大暴走になってて、笑い転げた。

回転舞台
初演では2階建てのセットになっていてその一部分の壁が開閉してその中が
診察室になったり、誰かの病室になったりするんだけど、今回は3等分された回転舞台になっていて
とっても観やすい。ナイスアイデア。
初演ではパコの最後の場面が2階の小さい面積のセットの中で行われるので
ちょっとギュウギュウな印象があったんだけど、今回は広さもあって視線もそのままでよくて
泣き崩れる大貫もよく見えた。そして私も泣いた。
まさかの卑怯な展開で泣かされるんだよなーー。話知ってるのに~!

新妻聖子・月船さらら
新妻さんは、レミゼのエポニーヌを観た事があったんだけど、
普通の舞台で拝見するのは初めてだった。
文句なしで初演のハセキョーより良いでしょう。そうでしょう、そりゃそうでしょう(笑)

月船さんは初めて観た。初演の瀬戸カトリーヌの振り切れっぷりがすごかったので
どうなる事かと思ってたけど、月船さんも振り切れてた!!やりますな!!元タカラジェンヌ!
今更ながら新妻さんのブログとか遡ってみたら、シゲが肉を焼いていた。やっぱりな(笑)

あ!もちろん大王の奥様、楠見さんだって 最高でした。お芝居に備えてセットをグルっとランニングする場面は初演にはない場面。舞台中央にビシっと立つだけで、バキっと観客を釘付けにする存在感はさすがであります!

こまかいツッコミ
脚本は基本的に初演と変わってないと思うんだけど、初演で私が気に入ってた細かいツッコミのセリフもそのままに残されていて嬉しかったです。あげ出すとキリがないので書きませんけど。

******
私はやっぱりこの話が好きで今回もみっちり楽しんだ!
でもタキタ(消防士)の事を考えれば笑ってられないんだよね、もう歩けないんだから。
まりちゃんとの関係も変わってしまうかもしれないしね。(暗い妄想が暴走中・・)

いかんいかん。
キレイすぎる話だけど笑って泣いて楽しんで!良い時間でした。
最後の最後に、シゲが『パパ』 『ママ』というのが聞けて笑った。かわゆいのーって思ってしまった。

エンディングの曲が今も脳内でなっています。
カーテンコールでは圭哉と中山さんの仲良しっぷりも見れて大満足でございました。
彼らはお家に泊まったりするような仲良しさん、なんだよねー。うふ。
仲良し二人がはけていく頃、シゲちゃんはズラをガバー!!と取って、キャー!!と言われてました(笑)
スポンサーサイト
2008-04-17 Thu 12:08:49 | 演劇・映画 | TrackBack:0 | Comment:6 | Top↑
広哉
シゲさんが出る、ということで初めて知って
G2さんや山内さんを知りましたが、
行って良かった公演でしたねー。
A~のほうもいきたくなりました。

昇太さんと岡田さんとの掛け合いが・・・ね。
一番笑ったのは最後の劇よりもジュンペイとの愛の日々を語る山内さんに大爆笑でした。
鋼太郎さんが下向いて顔隠してたのにも笑ってしまいましたw。
2008-04-17 Thu 12:59 URL [ Edit ]
おかん80
私は家でやっと初演のDVD観ました。
看護士さんは再演のほうがいいですね。
まぁね・・・。そらね・・・。
手ぇ~からイチゴを取るくだりはもう限界でした。
2008-04-17 Thu 19:58 URL [ Edit ]
ちゃぐ
私もやっぱり初演の方が断然好きなんだよねー。仙台では吉田さんの声がすごく枯れていてドキドキしました。そして私も思ったの!!!「パコの手・・」の下り早いよね。そしてもっとためて欲しかった。けっこうあっさり言うから、大丈夫かな?って思ってしまったよ。あそこ流れて的にとっても大事だと思うんだよねー。

そして楠見さんって大王の奥様なの?うわー。知らなかったー。いやー、びっくりだー。私も大王の方が好きなんだよね。あのなんかこにくたらしいところが。そして大王の言葉でけっこうグってくるんだー。

山内さんはやっぱりすごかったー。「キイ、キイって・・」ってやるところ大好き。

ってごめんなさい、いっぱい書いちゃった。
2008-04-17 Thu 21:08 URL [ Edit ]
広哉さんへ えみ
楽しかったですねー。ガマザリ。
私の大好きな圭哉にも興味をもってもらえたよう何よりです。
今回はオモシロ担当な彼ですが、演出家としても役者としても
とても興味深い人ですからお見知りおきを。^^

医者と堀米のやりとりは私はやっぱり初演の方が好きでした・・・。
2008-04-19 Sat 22:22 URL [ Edit ]
おかん80さんへ えみ
ミツオカは、断然再演の方がいいですね。
でも、私の中ではまだ足りなくて、映画の土屋アンナに
かなり期待です!

ジュンペイのくだりは最高ですよね。
今回、真剣に圭哉にイチゴの差し入れをするかどうか
考えましたもの(笑)
2008-04-19 Sat 22:26 URL [ Edit ]
ちゃぐへ えみ
やっぱり初演がいいね~
ハセキョーはアレだけども、周りのメンツがいいよね。
堀米は大王が自分の為に書いた役だからハマって当たり前なんだけど
やっぱり、大王がいいよねーー!

そして、吉田さんの声、私も気になりました。明らかに枯れてるって
感じではなかったんだけど、時々かすれて、アレ?って思ったの。
どうしちゃったんだろうねー。どなる場面が多かったからかな。
で、やっぱり「頬をさわったね」の台詞早いよね、触った途端に
すぐ言うのが気になって気になって仕方なかったのです。

圭哉はね。もう何してても大好物ですから(笑)
舞台で遊ぶのが好きで自分がどうすれば観客が笑うかを良く知ってるなーって思ってました。

ジュンペイ頭に乗るって(笑)
2008-04-19 Sat 22:35 URL [ Edit ]

Secret

TrackBackURL
→ http://kemin.blog7.fc2.com/tb.php/3040-e8df6fa9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。