去年チケットを持ってるのにも関わらず、観にいくのを忘れるという大失態を犯した私
今回はもうスケジュールをバキーっと確認して観て来ました、イキウメ。

『表と裏と、その向こう』

以下は感想。
少し未来の話だった。(ざっくりした内容はこちら
言葉が溢れ返っていて、クライマックスではセリフを理解できないうちに、
次のセリフがどんどん重なって『こーゆーニュアンスの事を言ってんのかな?』ぐらいしか
わからなくなって軽く混乱した。

観終わって、わからない事の方が多いのに濃い時間を過ごしたと感じた舞台。
全部を理解できない事が新鮮で逆にとても面白かった。
もう1回みれば、もっと色んな事が感じれるのにっ!戯曲を読みたい衝動が止まらない。
久しぶりに人様の感想が気になって、検索していろんな方の感想を読みまくった。
深い!面白い!!

「あなたにとって1秒は一瞬。でも映画の中では1秒は30コマ。
実際の世界で1秒を30分割して感じられたなら、私の1秒はあなたの1秒よりながくて、
密度が濃い時間になる。
でも、アタシはもうすぐ死ぬの、だからその死の瞬間さえ長く密度の濃い時間にしてその時間の中で
永遠に生き続ける(まどろみ続ける)」・・・・そんな事を言う女の子と。

自分の父親が死んだ。しかし父親だと思っていた男は父ではなかった。
父親は不妊治療のすえ生まれてきた。
父の両親はその時一卵性の二つの受精卵を持っていて、片方から父親が生まれその後もう1つを
父親が母親に産ませた。つまり父と同じDNAを持っているのが自分だと知ってしまい、父親は胃がんで死亡した、自分もそうなるのではと考える・・・・男の子。

二人の友情と、ちょっと恋と周りを取り巻く人達の話。
父と同じDNAである事を嘆く彼に対して言うセリフで
DNAは人間の設計図だけど、人生の設計図じゃない』というのがあって、
当然の事なのに目からウロコでした。
そうなんだよ!どんな人生かは選択の連続でその先には無限の結果が待っているのだ!

イキウメ!次も行くぜー!
スポンサーサイト
2008-07-22 Tue 12:23:53 | 演劇・映画 | TrackBack:0 | Comment:2 | Top↑
nico
イキウメ!観たかったんですよー
初福岡上陸が「表と裏と、その向こう」だったのですが、いけなかったのです。くやしいっ
えみさんの記事よんで、さらに刺激されました(笑)
次こそ行くぞ、イキウメ!
2008-07-24 Thu 14:13 URL [ Edit ]
nicoさんへ えみ
いらっしゃいまし♪
私も前回のイキウメが大阪初上陸だったのに
見逃して悔しい思いをしたんですよー。
今回は福岡公演もありましたもんね。
私のへっぽこ感想で刺激になったのなら、ちょっとでも
嬉しいです。
次回は是非是非!お見逃しなくーー!!(笑)
2008-07-24 Thu 17:25 URL [ Edit ]

Secret

TrackBackURL
→ http://kemin.blog7.fc2.com/tb.php/3129-78a96245