上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
ライトフライト 感想 大阪初日。

ネタバレな感じで・・・
NACSソロプロジェクト 『ライトフライト』

機内でのドタバタとしたシチュエーションコメディ。

・・・んんー(笑)
『アルプス』の設定を機内に当てはめた感じだったなー。

密室とか閉鎖された空間でのシチュエーションコメディって
舞台の規模を選ぶと思う。
もう少し小さめの劇場でできたなら良かったんだろうけど
なんせ、ガラーンとした印象だった。

『悪夢のエレベーター』を観た時も、広い舞台上で
エレベーターという閉鎖された空間をどのように演出するのか
興味があったけど、(四角く照明で照らし出される部分だで表現
周囲はライトを落として暗くしていた)

今回は隅々までライトがビッチリあたってて
宇宙船のセットになってからは、横移動がおおくて、平面的だったのが残念。
(コックピットにもうちょっと工夫があれば!!)

物語については、シゲが大好きな世界観を実現したのだなーと思った次第。
よくも悪くもアルプス。それ以上でも以下でもない感じ。

ただ、ラストが映像ってのは、ちょっと頂けない。
生の舞台の意味ないじゃん!!って思った。

そうは言っても、シゲらしい笑いどころも満載だったし、
楽しませてもらいました。(ちょっと長いね。テンポアップを希望!)

カーテンコールで川原さん涙。
大阪の人だって知らなかったヨ。
大阪弁で涙声でご挨拶で、何故か客席キャストと一本締め(笑)
びっくりしたわ!!

川井“J”竜輔 を2004年の 「カメヤ演芸場物語」 以来、ひさしぶりに観れたのも
実はちょっとうれしかった。

CAの役がシゲだったら良かったのになーと思ったのはここだけの話。(笑)
スポンサーサイト
2009-11-13 Fri 14:34:36 | 演劇・映画 | Comment:0 | Top↑

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。