9日に三谷幸喜の『ろくでなし啄木』
13日に真心一座の『流れ姉妹』の最終章を観た。

ザクっと感想こんな感じ。
『ろくでなし啄木』
ここ最近の三谷作品の中ではキャストが若くて
内容も少しポップ。
(時代は石川啄木が生きた時代なので昔なんだけど)

だけど、笑わせながらも人間の毒をみせる三谷やり方と
物語の運び方は抜群で、この数年の三谷作品のなかでは
かなり上位にランクするほど好き。

勘太郎くんを初めて舞台で観た、藤原竜也に飲まれると
決めてかかってたので、彼の芸達者ぶりに舌をまいた。
時々、歌舞伎調になる演出もいい感じ。

紅一点の吹石一恵は、めっちゃ上手ってわけじゃないけど
それが今回の役にはかえってあっていたのかも。

舞台セットも、『笑いの大学』に次ぐシンプルさ。

3人舞台だったけど、昔みた三谷の3人舞台
『You Are The Top/今宵の君』より断然断然おもしろかった。

非常に上質でよい舞台でした。満足。

『流れ姉妹たつことかつこ』
年がかりのシリーズの芝居が完結。

最終章が一番笑いに走った回になってて、ゲラゲラ笑う。
なんせ話を運ぶ人物は4人しかいないので、
結末は予想がついたけど、それでも楽しかった。

『舞台ってこういう事よね!』って随所で思った。
今の舞台って
『…これ…映像でやれば?舞台の意味なくね?』と思うことが時々あるけど、
流れ姉妹は『100%舞台の為』の内容で毎シリーズとても楽しかった!

か弱い女性に『犯される』古田新太!!という、青天の霹靂を観た。
第1章で粟根さんが村岡さんの胸を鷲掴みにしたのを観て以来の衝撃(笑)
犯される古ちん!!

成志は連日のリハビリの甲斐あって元気に飛んだり跳ねたりしてました。

集大成の最終章楽しかった。
ガヤ4人衆の芸達者ぷりにも満足。

先週はよい舞台を2つ観たということ。

あとよいドキュメントもみた。
関西テレビの『三人の酒造』
社長とナナさんとウエキの冬・・・という、
明石にあるたった3人で経営している酒造のドキュメント。
(太陽酒造)

テロップなし、ナレーションも控えめ、淡々と日常を描いてるんだけど
とても上質でよいドキュメントだった。
続編も是非みたい。

スポンサーサイト
2011-02-14 Mon 13:17:36 | 演劇・映画 | Comment:0 | Top↑

Secret