火曜に観ました。

ごえもんさん。

全公演終了しまして、以下さっくり感想。


今回が新感線クラブのチケットの最後でした。
あの印字チケットはもう手に入らないのかなー。

ⅠとⅡはさほどつながりがなかったのだけど
ⅡとⅢは若干繋がりある話だった。

今回の五右衛門はねぇ・・・・
今回は正直私の中ではハズレです^^;ごめんなさいね。

春馬くんも優ちゃんも思ってた以上にうまかったし、
春馬くんの声量とか動きも、小栗旬の髑髏城より動けてる!!と関心したんだけど
なんせ、歌うなー。今回の五右衛門ロック。

やたら歌う。
しかも歌い上げる系の歌で台詞を延々と歌う。
説明ゼリフを歌うので、ぜんぜん話が進まなくてちょっと退屈でした。

村井国夫は私にとっての本物のミュージカルスター(レミゼのジャベール)なので
彼の歌声は圧巻だったけど、延々と台詞のやりとりを長々と歌うのが苦痛だったよー。

レミゼか!って途中でつっこみたい場面もあった。

新感線は歌って踊るのと、台詞と笑いのバランスがとれてこそ!!と
思ってるので私の中では今回は歌いすぎでした。

そして五右衛門がなかなか出てこないのも残念だった…
しょぼぼーん。
スポンサーサイト
2013-03-01 Fri 14:36:51 | 演劇・映画 | Top↑