3月もおわりですね。
激務。
激務。
激務ですよ。
日曜出勤してますしてます。
平日も終電が終わってタクシーで帰る日々です。

翔ちゃんのアカサカサカスでのイベントも録画しそこね。
カズナリさんとヒナの夜更かしも録画に失敗し。
マチモチくんのシャンプーのメイキング的なものも見損ねて
ラストホープの最終回もみれず
智の旅もみれてません。
プラデは公開初日にニノ担のトモダチと中継の舞台挨拶みにいきました。
生瀬さんが『西宮!』と叫んだ、西宮の映画館でみてて
テンションあがりました。

そんな毎日ですが、24日は日曜出勤した後

梅田のTOHOであった、プラデの舞台挨拶に行ってきました。
相葉担のトモダチと2人で。

生にのみーーー!!!!!!
18時、東京札幌新潟大阪と続いた大阪最後の回の舞台挨拶でした。

激務でも嵐にあえるなら人間がんばれます。
前から4列目でした。映画を見るには首が痛くなりましたが
カズナリさんは非常によくみえました。

かっこいいしー
かわいいしー
とVS嵐の中学生選手権で泣きながらカズナリさんを語っていた
中学生女子の気持ち本当にわかります。

かっこいいし、かわいいのな、カズナリさんて。
そして少し寂しい顔をしている。
くるくる茶色い瞳がうごいて、実に素敵でした。

レポはもう出尽くしたことでしょう。だってもう木曜日だもの。


なので記憶の残骸を置いておくことにします。

黒いパンツ。黒いジャケットでインナーは白のTシャツでした。
神楽くんっぽい服。
追跡キャンペーンでは梅田が全国第一位だったので
『本当にすごいと思います。それだけ皆さんが映画館に足を運んでくれて
本当ありがとうございます。きれいな映画館だし』と映画館もほめてました。

ニノ:大阪のみなさん1位おめでとうございます。

って言ってた。

撮影秘話では、監督がCG部にがんばってもらって、撮影中に
DNA解析センターで神楽がスイッチをいれて、画面に映し出されるものは
すべてその場で映し出していて、あとから合成とかは一切してないって言ってました。

あと撮影スタジオが小さかったので、セット立てたら入りきらなくて
網膜スキャンして入るあの部屋の外の廊下とかは
スタジオの外にはみ出て作ってるんだって!

ニノ:いい大人がここにセット建てましょうって相談して
建ててみたら入りませんでした・・ってそんなことある??(笑)

って監督に言って笑ってた。

あとは、お決まりの監督の長まわしの撮影の話。

ニノ:長まわしのほうが、その空気感がとれるんですよね。
たとえば僕は・・・・・・・(っていって考える感じで黙り込む)

客:?

ニノ:「・・・・ってやったら何かな?どうしたのかな?って皆さんが考えるでしょ?
そして次に話すことによってあぁ、そういうことかってつながる。
これをカットを細かく切って繋げても、その考えてる空気感は伝わらない。

ん?
ん?
って話がわからないまま進んでしまうんです。」

この『ん?ん?』の時に首を左右にかしげる仕草をしてて
超かわいかったです。

司会の人、カズナリさん、監督って並びだったんだけど
司会の人と監督が話してる時には真ん中で
二人を交互にみてて、ラブリーでした。

カズナリさんはあたし、わたし、僕、俺
いろんな一人称をつかって話していたよ。

ニノ:映画館に足をどんどん運んで映画をみてもらいたい。
夏には翔さんの映画もありますし(久しぶりの翔さん呼び!)
秋にはJのもありますから!!

ニノ:この映画は見終わって、全部わからなくてもいいと思います。
私だって最初見たときはわからなかった。
でも何年後かにまた見たら感じ方が違うし
もっと年がいってみたらまた違うと思う。
ずっと長く付き合ってもらえる映画になったんじゃないかと思いますので
どうぞよろしくお願いします。
それから、この映画、男の人とみるとまた感じが違うかもしれないので
おすすめです。

・・・・って言ってました。
最後を両手をフリフリして帰っていきました。
おつかれにのみー!
スポンサーサイト
2013-03-28 Thu 13:53:27 | レポ・文字起こしなど | Top↑