水曜木曜と休みをとっていた。

水曜は楽しいこと満載の日で、朝から飛行機で東京へひとっとび
ジャニースフィルムフェス見て
汐留行って、アラフェスグッズ買って
赤坂行って、エレ片の公開収録を観てきた。

夏休み満喫^^楽しかったわー。
フィルムフェスが想像以上の面白さでした。

ドキュメントなんだけどファンタジー!!
フィクションだけどノンフィクション!!
それがフィルムフェス!!

グループの垣根を越えた人たちのいろんな話がきけるのは
すっごい面白かったーー。
かつんからは亀ちゃんだけだったのが残念。

キンキの剛とじゅんのとヒナと相葉ちゃんのAB型対談とかもやればよかったのにー。
もやっとした対談だろうけど(笑)

ゆっちとマッスーのお友達対談してくれてもよかったのよ。うひひ。

以下ネタバレであれこれ。長い。無駄に長い。

城島くんとおじゃんぷちゃんたちは後で語るとして、各対談の感想から。

イノッチ・国分くん・翔ちゃん・亀ちゃんのMCキャスターチーム。
非常に興味深かった。
太一くんと翔ちゃんが話を回してるって印象。
一番後輩の亀ちゃんはふられた質問にキチンと答えてる。
イノッチはやっぱりアサイチで慣れてるというか、どっしりしてて、みんなの話をうんうんと聞きながら自分の言いたいことはちゃんと伝えてる感じ、太一くんは前へ前へ感がすごい(笑)

翔ちゃんは前のめりな姿勢だけどそこまでガツガツ感はないものの、
相手が太一くんなのでリラックスしてて時々タメ語でいい感じ(笑)
翔ちゃんって質問する時に、少し上目遣いに人をみながら話すことが
あるのだけど(ZEROのインタビューなんかでも)今回もそれが出てて
翔担としてはそこが可愛くてたまりませんでした。

あと謙虚な言葉で語ってるのに椅子にもたれてそっくり帰って腕を椅子の背に
引っかけてる姿とか、やたら首元を触るのとかウヒウヒポイント満載。
MCキャスターチームだけあって、全員がまんべんなく全員に話をフリ、顔をみながら話すという
ある意味優等生対談でもあった。やっぱり翔ちゃん好きだなー(どさくさ)

続いてが映画俳優チームというか、演技チーム
岡田くん・ニノ・とーま

カズナリさんが珍しくあまり斜に構えずに話していたなーと思った。
相変わらず、確信についてはなにも語らないというスタンスにみえたけど
岡田くんととーまとの対談ってのもあって、脚本の覚え方、映画への取り組み方とかを
それぞれが話してて興味深いかった。
そして脳男のアクションの為に、とーまが岡田くんにアクション指導を受けていたという事実に驚いた。
すげーな。岡田君。本気のアクション指導の人やんか!
座り順が、とーま・カズナリさん・岡田くんだったので、キョロキョロ左右をみるカズナリさん。とーまにちょっとした意地悪言っては、岡田くんの方に体を寄せるカズナリさん。
もーーーいちいちかわいかった。
あのかわいい生き物が30歳という事実を本当に忘れそう。

定かじゃないけど、
『アイドルが映画をする』ということで、アイドルが主演だから、とか
ちゃんとできるのか?とか、俳優さんが主演の映画よりも
最初から厳しい目にされされてのスタートだと自覚している。と語ってて
ぐっと心にくるものがあった。

3番目が、芸術チームというか(笑)なんというか(笑)
智とヤス

ビジュアルも内容も群を抜いておもしろコーナーだった。
ある意味、ジャニーズファンじゃない人がみても面白いのはこのコーナーでは
ないだろうか。
奇抜な格好の智演じるサミー教授とヤス助教授が、おじゃんぷちゃん達にお絵かき指導という内容だけど・・・・
文字でおもしろさがいっこも伝えられない(笑)
場内は爆笑の連続だったけど、こればかりは・・・

おもしろくてー
おもしろくてー
ことーばにーできなーい♪

小田和正ばりに歌ってしまうよ。
おじゃんぷちゃん相手に先輩風を少しふかすオカマキャラの智っていうのが
なにより面白かった。
開かないクレヨンのくだりが大好物です。(わかる人だけわかって!)

4番目に音楽チーム
長瀬くん・どっくん・クラリズム(大倉くん)

映像のはじまりが、3人でのギター演奏からはじまる。
TOKIOのリリックをクラリズムがうたっている。ギターを持って
一瞬【え??】ってなった。
太鼓の達人、実はギターもできる子だったなんて!!!!!

わりとほんわかした対談で、音楽のことやグループのメンバーのことなどを
話していて、最後は3人で演奏という感じだったけど
ほわんとしていた。
ツッコミがいないボケ集団というか(ほめてる)ほわわーんとした空気が流れてました。
クラリズムのにの腕がなんかすごくて、モリっとプルンと太くてずっとそれみてました(笑)

5番目が舞台チーム
光一くん・タッキー・ヒガシ・坂本くん

まぁ・・・あの・・・一番興味が薄いチームでした。
演劇好き、舞台好きな私ですが、私の好きは舞台と彼らの語る舞台とは
少し違う感じがして、・・・・・・。というね。
こればかりは仕方ない。
でも裏話がいろいろきけたのは面白かったな。

ストーリーテラーの城島くん。
TOKIOというグループを認識したその日から今日まで興味を持ったことがないですけども
(ごめんなさいね)

今回のフィルムフェスの発想とか、ちょっとヒールを演じる感じは
とっても好感がもてました。
最後が平家派っていうのも超おもしろかった。
平家派が歌うと『Ultra Music Power』があんな朗々と歌いあげられる歌になるんだね。

おじゃんぷちゃん達
わちゃわちゃかわいい9人組。

私は八乙女くん推しなんですけども、最後のクイズのくだりで
光くんがリュックをずっと両手で支えてるのがかわいくてかわいくて。
智の声に光の速さで反応して駆け出す知念くんってのもグホ!!!ってなりました。
高木くんの金八のモノマネクオリティにも度肝を抜かれた。
山田くんのサービス精神にもありがとう。
けーとくんは相変わらずフワンとしてた(笑)
ありおかくんはキャキキャキ場を仕切ってたし
薮くんは、薮君だった。
ゆーとりんも半沢でみる若手ダメダメ銀行員とはうってかわっての可愛らしさ
いのーくんがかわいい顔していろいろ辛辣なチャチャ入れるのも好き。

20代前半男子かわゆいな。という反応です(笑)
いやー面白かったなフィルフェス。
こんなに面白いんだったらもう1回みたかったぜー。


14日の11時の回をみて、アラフェスグッズの集合が13:30~14:00だったので
観終わってヒーヒー言いながらシオドメに移動したのでした。

14時からの販売開始に間に合って、買い終わったら今度は
15時から赤坂サカスでエレ片公開収録だったのでこれまたヒーヒー言いながら移動した。

間に合った。(笑)

楽しかった。えへ。
スポンサーサイト
2013-08-16 Fri 11:16:40 | 演劇・映画 | Top↑