初日の初回を観てきた。
ネタバレ感想。
映画になるって聞いた時点でネタバレみて
彼女の正体がネコて!!

…ってずっと思ってたので
『なんだかな。』で観に行ったのだけど、猫だと知ってても
心がほわほわしたり、キュンとしたりする場面が多くて
楽しめました。

2人並んでの歯磨きシーンにキュンキュン。
寝癖のコウスケにキュンキュン。


映画はファンタジーなので、

それはどういうことよ!
夏木マリの正体なんなのよ!
どういう仕組みで猫が人間になるの?
玉鉄はなにを見たのか?
玉鉄はどこまでコウスケに話したのか?

ツッコミどころは満載なんだけど
それは各々が好きに解釈すればいいのかな…と。

ラストに関しては、ハッピーエンドって言えば
そうなんだけど、私はなんか悲しかった。

またコウスケとマオは人間として出会うけども
また12年後マオは猫の寿命が尽きてしまい
その間の記憶をまたコウスケはなくす。

それが彼と彼女の生きてる限り延々繰り返されるなんて
切なすぎると思った。


あと、ラスト近くでの『飼ってた金魚食べた』という場面は
急に生生しい猫感がでて、『Σ(Д゚;/)/…エエ!?ー』って(笑)

それとやっぱりリアルに猫を飼って何度も看取って来た者としては
猫の命が尽きるっていうのは耐えがたいものもありましたが
そうは言っても、主演の2人の温かい感じとか
周りの人の雰囲気とかで観やすい映画でした。

中学時代の2人がすっごくいい感じでそこにもキュンとなった。
恋したくなっちゃうねー。

若いって素敵!
(強引なまとめ)
スポンサーサイト
2013-10-15 Tue 10:51:09 | 演劇・映画 | Top↑