昨日、「神様のカルテ2」の試写に行って来ました。

好き。
すごい好き。

前作より2が好きすぎる。

もう、すごく好き。
結婚予定ないけど、結婚したくなった。
ハルがとにかく出来すぎた嫁なんだけども。
女神だよーーー!!


3/14には前作の『神様のカルテ』を地上波で放送しますので是非ご覧ください。
ブルレイ持ってるけど私も観ます。


以下はネタバレな感想。
以下はネタバレな感想。
以下はネタバレな感想。

公開前ですのでね。

以下はネタバレな感想。
以下はネタバレな感想。
以下はネタバレな感想。




オープニングが前作よりポップな印象で『お?』と思ったんだけど
ちゃんと前作の雰囲気をたたえてる作品だった。
今回から新しく参加のハマダガクくんとかフジワラタツヤくんとかも
とっても魅力的なキャラクターで、神カルの世界の住人になっていた。

前作では悩み苦しむ一止だけど、そこから成長した医師になっていて
前より頼れるお医者さんな印象でした。

嵐、アイドル、キラキラの櫻井翔はどこにもいなくて
スクリーンの中にはずっと一止先生がいた。

病院の話だし、病気の人が出てくるし
死んでしまうし、涙がでる場面もたくさんあったけど
その合間に、東西と一止の会話とか、御嶽荘(おんたけそう)の住人の場面で
クスクス笑わせてくれる場面も用意されていて
観ていて気持ちのいいバランスの映画でした。

前回に引き続き今回もハルが出来すぎた嫁だった。
一止の表情一つで全部をくみ取ってしまう嫁。
私には夫がいないのでわからないけど、世の奥様達はみんなそうなのだろうか?

すげーなー。

特に病室で泣く貫田先生の声をきいて帰宅した一止をみて
ハルが全て悟って、一止を抱き寄せて背中をなでてあげる場面は大好きでした。

貫田の為に何ができるか?と一止、砂山、タツで飲み屋で相談してるのに
遭遇した東西が、『絶対悪だくみしてる!巻き込まれないように帰ろう!!』と
こっそり飲み屋から脱出しようとしたのを
みつけた一止が、仲間を見つけたとばかりに目を輝かせて
『東西!!』と叫ぶ表情は個人的キュンポイントでした。

貫田先生の死後、貫田先生のデスクに座って
涙がこぼれないようにゆっくりだけどたくさんの回数の瞬きをする場面も
心に染みました。

長野の冬景色は美しくて、訪ねてみたくなりました。
スキーでしか行ったことないけど、松本の街も素敵だった。

松本の街のお話で、病院と一止の家である御嶽荘と少しの街の風景の中での
出来ごとだし、大がかりな仕掛けがあるとか、大どんでん返しがあるとか
山が爆発するとかビックリする展開は何一つないんだけど
丁寧に日々が綴られて、その中にいろんな愛があって
本当にすごくいい映画です。

たくさんの人に見てもらえるといいな。


翔担ポイントとしては、息遣いの音。
わざと演じている猫背のまぁるい背中。
口の端をキュっと動かして表情をつくる所。
ダッフルコートでマフラーをもこもこに巻いてるとこ。

などに、うは!ってなりました。

前売りを買っているのであと2回はこの映画を観に行きます。
とても楽しみ。
スポンサーサイト
2014-03-13 Thu 11:09:00 | 演劇・映画 | Top↑