上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
9月20日に、嵐のハワイコンのライブビューイングに行って来ました。

TOHO梅田のプレミアムシートが当ったので
ちょっといい座席でみれてラッキーだった^^

セトリやなにやらは各地に出回ってるだろうから
いつものように記憶の羅列。
ツイッターに書いたことのまとめ的な内容で。

要するに嵐が大好き。

てことの再確認になった。
好きすぎて好きで好きなだけー♪(せくぞんちゃんの歌)
みたいな気持になった。

ヘリコプターで5人が頭上に現れた時の興奮は我ながらすごかった。
(実際にはスクリーンだけど)
体中の血が沸き立つ感じ。

正直、ワクワク学校でバスで現れた時の比ではないぐらいに
ぐわん!!!と血圧もテンションも上がりました。

ヘリの中の映像にも興奮。
そして前髪短いサングラス智をみて、友達と『かわいい!!!!』連発。
あんな可愛い33歳ないわー。

ヘリからおりて決めポーズからレッドカーペットをあるいて舞台に登場するまでの
一連の流れがもうもうすばらしくて。
A・RA・SHIでオープニングが始まってからは、アイドルの王道歌い踊るが炸裂!!

普段踊らないようなお手ふり曲でも踊ってくれて
私はピカンチが大好きなのであれで踊ってくれてそのままピカダブに続いて
踊ってくれたのがすっごい嬉しかったです。

そしてそのラップの時にメンバーが一人一人翔ちゃんに近寄るものの
全然メンバーと目を合わせない翔ちゃん。
でも智がとなりにいると見ちゃう翔ちゃん(でも智は翔ちゃんをみない安定の山)
にニマニマでした。

MC途中でニノが歩けないほどの熱中症になってたっぽくて
後ろにさがって着替えるのにもステージ上をトボトボって感じで歩いてて
心配になりました。
最初は熱中症だってわからなくて、久しぶりの側転とか多かったし
『どこか痛いのかな?』って思った。

みんなが着替えおわってようやくステージに現れたニノ。

このあとステージを変えてハワイアンバージョンにアレンジした歌を歌うために
下におりて地面をあるいてステージを移動するんだけど
智・潤・雅紀は先に行ってしまったけど、しんどそうなニノの歩幅にあわせて
一緒にあるく翔ちゃん。
(ステージ上での並びの関係でもあったんだけど)

3人にライトが当ってる間、ニノはマイクを通さず翔ちゃんになりかいってて
翔ちゃんも心配そうで、ニノがすこし顔をしかめる場面もあったんだけど
2人にライトが当たった途端に

翔:どうも!山田太郎ものがたりです。
和:ははははは。やまだたろうです!

と笑顔で言っててプロだなーって思った。会場のスクリーンにうつる映像と
ライブビューイング用の映像が全く別で、けっこういろんな場面がみれて楽しかったです。

ハワイアンバージョンの歌を歌う時もニノは木箱に手をかけて
体を支えたりしてて、心配だった。
木箱に完全に座って足をブラブラしたり、体をゆらして歌う智の可愛らしさは
これまた格別でした。
潤は浅くこしかけて足は下につけてて
相葉さんと翔ちゃんは腰かけて足を組んでた。
暮れてゆくハワイの夕暮れがきれいで、あの時間はゆったりしていい時間でした。

後半は最近のシングルを歌って踊ってくれたので始めてみるライブでの
誰も知らないやガッツにおー!!ってなりました。
実はガッツのフリをあんまり覚えてなかったんだけど
次のライブツアーにまでは完ぺきに覚えたいと思った!

ガッツの頃にはニノも少し楽そうでちょっと安心した。

ソロがないので5人が常にステージ上にいてそれもよかったなー。
(休憩がなくてちょっとかわいそうだったけど、映像の時間に少しは休めたかな)



事務所のだまし打ちのような形でデビューして15年。
翔ちゃんが挨拶で言った言葉。
『嵐は仲がいい。なんて言われることも少なくないけど、
それは5人で寄り添って支え合っていくしか道がなかったから』

他のグループのようにジュニア時代からユニット組んでデビューした訳ではなく
智が1週間前、相葉さんが3日前に呼ばれて5人になって
智と相葉さんに至っては、ハワイに遊びにいくと思ってたらデビューだった1999年の9月。

ジャニーズやめようと思ってたニノと翔ちゃん。
やる気のある子は最年少の潤だけだで、全員が訳のわからないままスタートした嵐。

そこから15年。
きっとメンバーにしかわからないいろんなことがあったはず。
デビューしてすぐにドームでコンサート!なんてグループが多い近頃だけど
嵐はカウコンぐらいでしかドームで歌うことはなくて
デビュー7年目にして初ドーム。
そして国立を5年連続満席にできるグループになった。

誰かのVTRの時に『嵐は一歩ずつやってきたグループだから』ってのが
英訳でlittle by littleになってたのグっときました。

step by stepでなく、嵐の進んできたのは道はlittle by little。

5人でちょっとずつ進んできたグループなんだなぁと。

最後の挨拶。
最初に挨拶する翔ちゃんの目が真っ赤でウルウルで泣くんじゃないかと
ドキドキした。

そして次の智は泣いた。
智が泣くのでみてるこちらも自動で泣きました。
あんなのこっちだって涙をこらえられないよ。

流れる涙を隠さない智が好きです。
あの人がリーダーってことも嵐ってグループの性格を左右してるように思う。

そして智の涙をみて、喋ろうと思って考えてきたこと
全部わすれた相葉さん。(笑)どこまでも相葉さんだった。

書いてて熱くなっちゃったけど、私なんてその嵐の歴史の7年ぐらいしかしらないんだけど
これからも間違いなくずっと好きなので、20年30年と見守っていこうと
15年のライブをみて決意しました。

ジュニアの頃のファンの方からしたら、永遠の新規中の新規ですが
嵐を好きになって本当によかった。
スポンサーサイト
2014-09-26 Fri 14:20:59 | | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。