上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- --:--:-- | スポンサー広告 | Top↑
2月も今日で終わり。29日まであると言ってもやっぱり2月は早い気がする。
2月はお芝居は観なかったけど、美術館に2度ほど足を運んだ。

国立国際美術館のエッケ・ホモ展
細見美術館の春画展

どちらも人間がモチーフだった。

春画展は去年、東京で開催されてるのを知って、行きたいな。と思っていたので
京都に来てくれて本当によかった。
前期と後期で展示内容が変わるようなのでまた行きたいな。

私は1人で行っていろいろじっくりみたい派なんだけど
女性同志のグループで来館している人とかは
テレ隠しなのかやたら作品をみながらベラベラと喋っていて
耳障りだった。
大きい美術館じゃないので、美術館の中が常にザワザワした雰囲気だったな。

平日の朝とかにいけば、じっくり楽しめるのかしら。
「昔のエロい画」と言ってしまえばそれませなんだけど、昔も今も人って
そういうことに興味があるんだなーって思った。(まぁ私も単純に興味があったんだけど)
写真より逆に生生しい感じだった。

春画ってまっぱだかって少ないのね、上だけ着物を着てるのが多かった。
そして、その着物の柄がまた丁寧に書いてあるのよねー。
作家の『エロい描写もしてますけど、こっちも手を抜いてませんぜ』感がすごい。

若い男に迫られてる、女の人の着物には【椿】が描かれていてね、椿の花はきれいに咲いて
そのまま花ごとボタっと落ちるので、突然処女を喪失することを意味する画だとか。
解説も楽しかったし、有名な葛飾北斎の「蛸と海女」も本物をみれて最高!
なんとも言えない迫力とエロさだった。
ちょっと自意識が働いて、蛸と海女の絵葉書買わなかったこと後悔中。

各作品を網羅した、辞書かよーーー。っていうぐらいの分厚さと重さのパンフレットが
売ってたんだけど、観に行った日は京都をブラブラ歩く予定だったので断念。
製品の性質上通販はないらしいので、買うならもう一度行かねばならぬ。

あ。嵐の新曲、復活LOVEが発売になったね。
山下達郎作曲で、作詞が竹内まりあっていうすごい布陣なんだけども

私、この曲どーもイマイチです。(すいません)
曲のムードは好きなんだけど、歌詞の世界に全然はまれないのすけども

歌詞

永すぎた春に愛想をつかして彼女が出ていく←そりゃねぇ。
恋人が諦められなくて哀しみに崩れる僕←泣いてないで行動しろや!
どこにいるの?メールも届かない。←職場も実家も彼女の友達もしらんのか!
ある日彼女が戻ってきた。うれしくて泣いちゃう!
ちゅーもするし朝からヤっちゃう。←あきれ返る。
「おかえり」

・・・・なにこの歌。って思わずにはいられなかった。
みんな好きかこんな男?!
私は好きでない。

まぁ、私にはハマらなかったけど、好きな人ももちろんいることでしょう。
私の中で山下達郎と竹内まりあってことで勝手にハードルが上がっていたのかもな。
私のイメージでは【ヘロン】みたいな感じかと思ってたので。
(全然ちがった)

あ。99.9ってドラマでまちもちくんと仁ちゃんが共演するの超たのしみ!!!
スポンサーサイト
2016-02-29 Mon 11:54:12 | 普通の日 | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。