長いよぉぉぉ。とにかく長い。
13時から始まって劇場をでればもう17時近かった。
公演時間3時間25分てーーーーーーーー!!!!!(休憩こみ)

キャスト豪華だし、話も面白かったんだけど
もうちょっとコンパクトにして欲しかった。(正直な気持ち)

せっかくのクドカン脚本なのに、繰り返しのような場面が多くて
途中で少し飽きました。すごい新感線に寄せた脚本だなって思ったけど
6月の記者会見の文章読んだから、いのうえさんからの設定オーダーありきだったようなので
そこは納得。

今回はジャニーズ枠でなく、キョードー大阪の先行でチケットを取ったら
6列目という良席で堪能させてもらった。
とーまや神山くん目当てでもなく、新感線ファンとして
舞台を観に行ったけど、やはり美しい男子を眺めるのは楽しかった(はーと)
すんごいメイクだったけど・・・それでも美男子。

神山くんは、とーまのバーター以外のなにものでもないく、別の人が演じてもよくね?
…という役どころだったけど、なかなか度胸がありそうなので今後に期待。
彼が出ると若干『学芸会感』がでるのが残念だったけど、そういう役どころのようでもあった。

とーまはジャニーズとしては歌い踊るところを見ることはほとんどないので
舞台で歌って踊る長髪白髪の彼は格好良かったです。美しかった。

でもねー今回も中村倫也くんが素敵だった。一番の目当ては中村くんだったのだ。ほほほほほ。
去年みたライチ光クラブのゼラ役が鳥肌ものだったけど、もっといろんな舞台を観たいと思った。
流れ姉妹で今度はレイパーやってほしい!
(心の叫び:ちなみに流れ姉妹シリーズは終わりました)

声しぐさ、動き。素敵だったなー♪
中村くんを舞台で初めて観たのは2008年9月の悪夢のエレベーターなのだけど
ブログ遡って当時の感想みても『仁ちゃん!仁ちゃん!』で中村くんのこと
一言も書いてなかった(笑)興味なかったんだね。

舞台は大型のスクリーンを使ったセットで絢爛豪華。
前の方だったので照明が激しく点滅すると目がシパシパしたけどそれも演出だものね。

内容は、エイリアンとバンパイアと永遠の命とかぐや姫への愛と
やくざの跡目争いとホストにはまる女と鉄道オタクと…って
とにかくいろんなキャラがてんこ盛りで、現代と1000年前の世界が交差して、
お腹いっぱいの内容でした。

ラストシーンはなんだかいつかどこかでみたような・・・・。

楽しかったけど内容がてんこもりすぎてお腹いっぱいで消化不良。
そんな舞台でございました。

新感線らしいっちゃーらしいんだけどね。
スポンサーサイト
2016-10-27 Thu 14:38:13 | 演劇・映画 | Top↑