FC2ブログ
『まとまったお金の唄』

6月1日 大阪厚生年金会館芸術ホール

現在まだ公演中・ネタバレあり
久しぶりにビックリの長さです。2003年の私の思いから
始まるから(笑)

2003年、ウーマンリブがやっと大阪に来ると聞いて大喜びだった。
『熊沢パンキース03』見事に、チケット争奪戦に敗れる。
でも、グループ魂のチケットは確保!!うはうはでライブを過ごす。
『クドカンカッコイイなぁ!』と友達に言ってみるが、『え?そぅ~?』と失笑を買う。

2004年、今度はニッソーヒ(日本総合悲劇協会)が来るってよ!って事で
万全の構えでチケットGET!!『ドライブイン カリフォルニア』
『すんげー面白いっ!本公演が楽しみ!』と期待高まる。
そしてウーマンリブの『轟天VS港カヲル』が東京のみで上演、新感線っ子の私は
日替わりゲストの豪華さに失神しそうだった。
そして冬、大人計画本公演『イケニエの人』が大阪へ
チケットも取った、期待度も高かった・・・・それなのに、観劇後は『なんだこれ?』と
『アメリ(クドカンの役名)かわいかった』と言う感想しか残らなかった。
登場人物の誰にも思いを寄せられないまま終わって行った舞台は、初めてだったかも。

それでも私は頑張った、2005年秋のウーマンリヴ『七人の恋人』も観た。
観たらアレだよ。内容は面白かったけど、役者の声がつぶれてるという致命傷。
グループ魂もレコード会社移籍と同時にすっかりメジャーな人々になりました。

そして2006年、大人計画本公演『まとまったお金の唄』がやって来た。
相変わらず、『イケニエの人』の印象が抜けず、疑心暗鬼な思いのままチケット戦線に
参戦し、見事惨敗、でも『当日引き換え』という手段で確保して観劇してきたよ!!

正直、今回の本公演、最初は観る気はサラサラなかった。
でもNACS関係で知り合い、観劇を趣味としてるお友達が光の速さで『大人計画』の
トリコになっていった姿を目の当たりにして、
『彼女をそこまで夢中にさせる何かがあるのか?この劇団??』と思い、
じゃっじゃっじゃぁ~もう1度観ましょう、本公演!という思いが強くなっての観劇だった。


ではやっと感想。
大阪万博があった頃の大阪のある一家のお話。

ゆるく悲しい悲惨な話だったけど、だからこそ希望があった。
『まとまったお金』が欲しいと歌いながらも
お金じゃないよ、って、自分が何を信じてるかを問われてるのかな?
・・って思いました。
物語の中では、
母が信じてるのは、神様とダンナさん。
借金取りが信じてるのは、お金。
姉が信じてるのは、自分が女だと言うこと。
妹が信じてるのは、少し未来の自分。
思想・愛する人との約束などなど。

私は何を信じてるかなー?なんて考えてました。

借金・父親の死・母の痴呆・レイプ・震災・悲しくて悲惨なエッセンスがてんこ盛り、
だけど笑ってた。脚本のなせる技だと思う。

心にギュっと引っ掛かりを感じながらも笑ってしまう。
大阪弁でのセリフは耳に馴染みませんでしたが(苦笑)、
進行役の平岩さんが、ネイティヴなのでかなり救われました。

ちなみに『~しまんがな』とか今時の大阪人は言いません!
吉本の舞台ぐらいでしか聞きませんよぉー。

回数を観れば感じる事もかわるんだろうな、
松尾スズキの作る世界に、ちょびっと歩み寄れた気がした2時間半でした。

~役者陣~

荒川さんが、かつてないぐらいに良かったです。
カラフルメリィの峯村さんとお母さんキャラが被ってて
入れ替わっても成立するぞこれ!!と思って1人でニヤリ。

阿部さんは、やるもの(笑)
『七人の~』のマイナスを大きくプラスに転じさせました。
かわいいなぁ。市川さんに『深海魚じゃねーよ!!』とタイムラグで
突っ込まれた時のビックリ顔は最高!

平岩さんはもぉーカワイイ!!!むぎゅっと抱きしめたいね。

伊勢さんは、クールビューティ。

そして私は今回の舞台ではっきりと確信しました。
『舞台に立ってる宮藤官九郎にトキメキの嵐』です。
物語に入ってるようで、すこし離れた雰囲気の演技(?)が
たまらなく好き。
テレビで見ると『・・・別に~』なのに、舞台はやられる。
微妙にエロい雰囲気にノックアウトです。

そして松尾さん。
この人だけは、いつ見てもさっぱりつかめない。
わからん・・と思います。正体が無い気がして。
初めて観たのは、グループ魂のライブで、藤谷美和子の物まねを
してる姿でしたが、あの時からずっと『わからない』です。
もう、わからんままでいいです(笑)

近藤公園が『札幌の役者・岩尾さん』にしか見えなかった事は小さな秘密だ。

~セット~
とっても効率よく作られてたと思う。
あの鏡のアイデアは『かしこや!!』と思った。
舞台中央に背を向けた状態でも、しっかりと他の役者の動きが
把握できる。
阿部さんが歌う時に、村杉さんが完璧のタイミングでハーモニカを
吹いたときに『おぉう!!』と思いました。

やー長かった。やっと終わるから(笑)
グズグズだらだら書きましたが、また観ようと思う舞台でした。
ちょっとだけ、明日に向かって強く生きるぜ!とか思っちゃった(照)
スポンサーサイト



2006-06-02 Fri 15:12:49 | 演劇・映画 | TrackBack:0 | Comment:10 | Top↑
はな
長くない、全然長くないですよ!
ははーん。あの世界、大阪ではまだ続いているんですねぇ。
はぁ~。
2006-06-02 Fri 15:22 URL [ Edit ]
えみ
大丈夫だった?長くなかった?
自分でも書いてて、ちょっと疲れたの^^;
大阪ではあの世界続いておりますよー!
2006-06-02 Fri 16:01 URL [ Edit ]
オレンジスカイ
お芝居を観るということに絶対の信頼をえみさんにはおいておりますのでえみさんの感想を知りたかったのです、どうしても。大阪が舞台ですし。読んでいてなんか泣きそうになりましたよ。

私は複数回観たんだけれど観るたびに見えてくる世界がどんどんすりかわって、登場人物11人全ての背中にそれぞれの世界が見えてしまって、私は観終わって暫く経つのに、毎日戯曲を読んでいるのに、まだまだ消化しきれていません。戯曲を読むたびに色々思うことがあります。えへへ。
2006-06-02 Fri 17:22 URL [ Edit ]
リア
明日見てきますよ。大人計画!
楽しみです。
えみさんの「大人計画の歴史」を読みつつ、私もほぼ同じ道を辿ってきたな~なんてしみじみ・・。私の大人デビューは、ウーマンリブの「熊沢パンキース」でした。
2006-06-02 Fri 23:23 URL [ Edit ]
えみ
オレンジちゃん!!
観てきたよっ!絶対の信頼などと言われるには、全然未熟者の私です。
でも、これは観て良かったな、って本当に思ったの。
観たいと思ったのは、オレンジちゃんのおかげだし!
(市川さんに全く触れてないのがアレですけど・笑)
良い時間でした!

かなりな回数観ててよね?きっと本当に観る度
観る度に、変わるのだと思います。
戯曲を読む度に思うこと・・語って欲しいな!
また、会いたいね~。
話したいよーー!!

2006-06-03 Sat 16:22 URL [ Edit ]
えみ
今日なんですね。
楽しんできて下さい。
衣裳がみんな可愛くて素敵なのです^^
2006-06-03 Sat 16:23 URL [ Edit ]
スキップ
えみさま

はじめまして。スキップと申します。
私も6月1日に観ました。同じ時間に同じ場所で感動を共有していたのだとうれしくなってお邪魔しました。
『舞台に立ってる宮藤官九郎にトキメキの嵐』っていうえみさんに全く同感!
ほんとに舞台で観るとステキでセクシーですよね~。いや、普段がぼんやりしてるとかそういうことではなく(笑)。
2006-06-04 Sun 02:26 URL [ Edit ]
えみ
はじめまして、コメントありがとうございます。
同じ公演を楽しんだんですね。
宮藤さんは、本当に舞台での雰囲気が最高ですよね!
微妙な関西弁がイイ感じでした。(インチキっぽくて・笑)
2006-06-05 Mon 00:51 URL [ Edit ]
ao-chang(SISTER SARAH)
本日楽日見てきました。
やっぱ、松尾節はハマったら抜けられん。

テレビとか、映画での役者としてのクドカンはマジでダイコン(笑)。
でも舞台だと良い役者なんだよな~(「なんで、催涙弾撃つねん~」のくだりは泣けた)
不思議だ~。

正直、大人計画はもう少し小さい小屋で見たいです。(近鉄小劇場カムバーック!!)
特に厚生年金は無駄にデカすぎて、後ろのほうだと周りの笑い声にセリフが消される。『ドライブイン カリフォルニア』の時も感じたんだけど、芝居に向いていないハコなのでは?
それとも10列以内の客だけ相手に商売してんのか~?キョードー大阪!!。

中盤で荒川良々が万博のチケット持って逃げ出す所で「フィヨルドの恋人」のテーマが流れて、「ムンクさん!?」と心の中で爆笑してたのは、誰にも内緒(笑)
2006-06-07 Wed 18:17 URL [ Edit ]
えみ
はまったら、抜けられないですか?(笑)
私はまだそこまではまってないので
なんとも微妙でしたけども^^;

でも確かにもう少し小さい劇場でやって欲しいですね。
『ドライブイン~』が私にとって面白かったのは、6列目だったから??
いやいや違う、あれは話も面白かったもの。
IMPぐらいの劇場が一番面白いかもしれませんね。
2006-06-08 Thu 12:55 URL [ Edit ]

Secret

TrackBackURL
→ http://kemin.blog7.fc2.com/tb.php/774-04192a11